イベント情報

【無料・Zoom開催】実案件で学ぶ、ブロックチェーン開発の進め方(全2回:2月15日、3月15日)

2021/03/12(金) 第2回の応募受付を終了させていただきました。

この度、BHIP主催によるブロックチェーン勉強会の開催が決定いたしました。
BHIPの事務局を務める株式会社INDETAILのブロックチェーンエンジニアを講師に迎え、これまで手掛けてきたブロックチェーンの実案件を題材に、その開発の進め方を全2回シリーズで解説いたします(2月15日・3月15日)。

勉強会テーマ

第1回:ブロックチェーン開発の実案件の設計、及び開発過程のご紹介

INDETAILで手掛けた実案件を題材に、

  • プロジェクトの概要
  • 設計、開発の進め方
  • 設計思想
  • テクノロジーの選択過程
  • 発生した課題とその解決過程

などについて解説をいたします。

第2回:あなたの疑問にエンジニアが回答。ブロックチェーン開発、質疑応答一本勝負

1回目の勉強会後に参加者のみなさんにアンケートを実施します。お寄せいただいたご質問やご要望などをもとに、ブロックチェーンエンジニアが回答をさせていただくのが第2回目の内容です。開発に携わった担当者だからこそ知りうるリアルな現場の苦悩や発見を交えながら、みなさまの疑問にお答えしていきます。

開催概要

日時

1回目:2月15日(月)19:00~19:50 (当日の模様はこちら
2回目:3月15日(月)19:00~19:50 (当日の模様はこちら

受講料

無料

対象者

ブロックチェーン開発に興味のあるエンジニアの方
(BHIP会員以外の方もご参加いただけます)

定員

各日、先着90名(定員満了次第締切)

講師

株式会社 INDETAIL Business Innovation Team

開催方法

Zoomによるオンライン開催
参加URLは、後日、お申し込み頂いた方へメールにてお知らせいたします。

お申し込み方法

以下より、参加ご希望回のURLをクリックのうえ、必要事項を入力して送信してください。ご希望者さまおひとりごとにお申し込みが必要となります。

第1回:2021年2月15日(月)の勉強会へのお申し込み 
※応募受付は終了いたしました

第2回:2021年3月15日(月)の勉強会へのお申し込み
※応募受付は終了いたしました

The following two tabs change content below.
Blockchain Online 編集部
「北海道をブロックチェーン技術の集積地とし、ブロックチェーン技術を活用した新しいビジネスを創出する」をビジョンに掲げる一般社団法人ブロックチェーンイノベーションプログラム(BHIP)が本サイトを運営しています。 https://blockchain-jp.com/bhip

Pickup post

  1. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  2. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号

Related post

  1. イベント情報

    【受付終了】ブロックチェーンプラットフォーム「Corda」を学ぶ – CORDA SAP…

    2019/9/25 おかげさまで満席となりましたので、お申し込み受付を…

  2. イベント情報

    【満員御礼】今年も開催! ブロックチェーンフェスティバル 2019 in SAPPORO (3月19…

    2019/3/18  おかげさまで満席となりましたので、お申し込み受付…

  3. ブロックチェーンセミナー4月
  4. イベント情報

    【レポート&資料公開】ブロックチェーンフェスティバル 2019 in SAPPORO

    2019年3月19日(火)、一般社団法人ブロックチェーン北海道イノベー…

Comment

  1. 本記事に対するコメントはまだありません

  1. 本記事に対するトラックバックはまだありません

最近の記事

おすすめ記事

  1. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号
  2. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  1. Blockchain 技術情報

    技術情報

    勉強会「初めてでもここまでできるブロックチェーン」第2部の内容紹介
  2. トピックス/業界動向

    ブロックチェーン 、IoT、機械学習がどのように連携してサプライチェーンの管理を…
  3. イベント情報

    【無料招待】10月16日(水)、NoMapsにてパネルディスカッション開催「全世…
  4. 技術情報

    超簡単なBlockchainプロトタイプを Golang で構築
  5. 公開鍵暗号方式

    ブロックチェーンとは

    ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号
PAGE TOP