技術情報

Hyperledger Fabric 1.0.6 を Raspberry Pi で実行する環境の構築

Fabric × Raspberry Pi

はじめに

以前の記事で Ethereum をRaspberry Pi上で動作させるものがありました。

今回は、「医薬品のデッドストック販売プラットフォーム PoC」で利用した “Hyperledger Fabric” を Raspberry Pi上に構築し、Hyperledger FabricのチュートリアルにあるBuilding Your First Networkの動作を確認してみます。


セットアップ

各種ツールインストール

Prerequisites — hyperledger-fabricdocs master documentation
こちらで必要とされているものを順次インストールします。

Docer / Docker-Compose

Node.js

Go

FabricのDockerイメージビルド

Fabricとしての動作と、チュートリアルの実行のために、いくつかのリポジトリのクローンと、Dockerイメージのビルドを行ないます。

最初のfabric-baseimageのmakeには4時間程度必要でした。それ以外は、数分程度で終わりました。

すべて完了すると、下記のようにイメージが作成されます。

チュートリアル実施

チュートリアルの内容は、Hyperledger Fabricのオフィシャルサイトにあります。

Building Your First Network — hyperledger-fabricdocs master documentation

実行

チュートリアルに必要なリポジトリをクローンし、実行してみます。

しばらくは進んで行きますが、途中でエラーが発生してしまいました。

エラーを解決して再実行

原因を調査していくと、解決方法に関する情報を見つけました。
エラーメッセージにあるようにDockerで利用できるメモリ量が少ないため、これを多くするための調整を行なえば良いようです。

GitHub – Cleanshooter/hyperledger-pi-composer: Docker Compose files and data for launching Hyperledger on a Raspberry PI Docker Swarm.

こちらの内容を元に、fabric-samples/first-network/base/docker-compose-base.yamlの各サービスのenvironmentCORE_VM_DOCKER_HOSTCONFIG_MEMORY=536870912を追加します。

これで、再び実行してみます。

無事に終了しました!
これで、Raspberry Piでも Hyperledger Fabric を動作させられることを確認できました。

課題

とはいえ、課題も感じています。

Raspberry Pi にとって、1台で Hyperledger Fabric フルセットの実行はかなりの負荷となっています。実行中のロードアベレージは概ね”10”前後となっており、本来のRaspberry Piの許容範囲の2〜3倍程度の処理が必要でした。

当然実行時間も長くなり、上記のチュートリアルの実行時間がおよそ8.5分でした。
同じ内容を手元のMacBook Proで実行すると概ね1.5分程度ですので、およそ5〜6倍程度の時間がかかることになります。

まとめ

エッジコンピューティングの環境として、Raspberry Pi でブロックチェーンが使えることは非常に夢があると思います。
IoTデバイスの入力をエッジサーバでブロックチェーンへ格納し、それが他のエッジサーバとリアルタイムに連携されていく、また、チェインコードの結果が低レイテンシーでIoTデバイスへ反映されていく、ということを低コストで実現できる可能性を個人的には感じています。

どういう構成、どういう処理であれば、現実的にRaspberry Piでブロックチェーンを使えるのか、引き続き調査を進めて行きたいと思います。

The following two tabs change content below.
tacck
アーキテクト at 株式会社INDETAIL
エンジニア (モバイルアプリ、フロントエンド、バックエンド、インフラ) 得意なことは、領域をまたいで考え、開発すること。 ブロックチェーンも、領域の一つとして取り込んでいきたいです。 好きなフィギュアスケートの技は、スプレッド・イーグル。

Pickup post

  1. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロックチェーンフェスティ…
  2. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  3. 【参加無料】2018年1月24日 エンジニア向けブロックチェーン無料セミナー開催…
  4. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラットフォーム PoC […
  5. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号

Related post

  1. AWS Blockchain Templates

    技術情報

    【速習】AWS Blockchain Templatesを使ってHyperledger Fabric…

    tacckです。各クラウドでブロックチェーンの実行環境を構築するた…

  2. Ethereum

    技術情報

    Ethereumで複数ノードをつなげてプライベートネットワークを作ってみる

    以前本Blog内にて各OS別Ethereumのインストール及び簡単な操…

  3. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composerのチュートリアルをやってみる

    はじめにPoCが一段落し、さらにブロックチェーンを使って実装の知識…

  4. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composerクエリチュートリアルをやってみる その2

    はじめに今回の目的は、「その1」で更新したビジネスネットワークを使…

  5. Hashgraph
  6. Blockchain 技術情報

    技術情報

    Macにgethを入れてEthereumの内部通貨etherを手に入れる

    こんにちは。badyと申します。最近、金融やIT業界の一部では…

Comment

  1. 本記事に対するコメントはまだありません

  1. 本記事に対するトラックバックはまだありません

最近の記事

  1. AWS Blockchain Templates
  2. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

おすすめ記事

  1. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号
  2. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラット…
  3. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロッ…
  1. Hashgraph

    技術情報

    ブロックチェーンのデメリットを改善した新しい分散型台帳「Hashgraph」につ…
  2. hash function

    ブロックチェーンとは

    ブロックチェーンの技術:ハッシュ関数
  3. イベント情報

    イベント情報

    イベント・勉強会について
  4. Blockchain 技術情報

    技術情報

    勉強会「初めてでもここまでできるブロックチェーン」第2部の内容紹介
  5. Blockchain 技術情報

    技術情報

    Raspberry Pi(ラズパイ)でEthereumを動かす
PAGE TOP