技術情報

【速習】AWS Blockchain Templatesを使ってHyperledger Fabricを構築してみる

AWS Blockchain Templates

tacckです。
各クラウドでブロックチェーンの実行環境を構築するためのサービスを提供していますが、ついにAWSでもサービスが開始されました!
AWS Blockchain Templates

新しい AWS ブロックチェーンテンプレートを使用してブロックチェーンを始める
上記の記事が、2018/04/22に公開されました。

こちらの記事では”Ethereum”の開始方法が書かれてあるので、今回は弊社でも使っている”Hyperledger Fabric”の構築をやってみます。

準備

概要については、AWSのドキュメントに記載されているので、これに従ってやってみます。
Using the AWS Blockchain Template for Hyperledger Fabric

また、上記のドキュメントにありますが、このテンプレートではEC2を一つ立ち上げて、その中でDockerベースで”Hyperledger Fabric”が動くようになるようです。

リージョン選択

現在は実行できるリージョンが限定されているようで、

の3つから選ぶようになっています。
今回は、”us-east-2″のオハイオリージョンでの構築を進めます。

まずは、ドキュメント内の”Prerequisites“を参照しながらAWSの環境を整えていきます。

IAM: ポリシーとロールの作成

リージョンをオハイオにしておきます。

上記ドキュメント内で、”IAMのポリシー”を設定するように書いてあるので、ドキュメント通りのポリシーを作成します。

ポリシーができたら、これをアタッチしたロールを作成します。

“インスタンスプロファイルARN”の値を後ほど使うので、忘れないようにしておきます。

EC2: キーペア作成

次に、EC2へアクセスするキーペアを作成します。

“PEM”ファイルがダウンロードされるので、無くさないようにしておいてください。

EC2: セキュリティグループ作成

前準備の最後として、セキュリティグループを作成します。
ここでは、”22″番ポートと”8080″番ポートをインバウンドで通過するように設定します。

スタック作成と実行

いよいよ本番です。
CloudFormationのスタックのテンプレートを使い、”Hyperledger Fabric”の構築を行ないます。

今回はLaunch in US East (Ohio) region (us-east-2)からスタックを作成します。
リンクをクリックすると、下記画面に進みます。

それぞれ、下記のように情報を入力していきます。

  • スタックの名前: bco-sample
  • Fabric Channel Name: mychannel
  • Domain: example.com
  • Peer Organization 1 Domain: org1
  • Peer Organization 2 Domain: org2
  • Peer Organization 3 Domain: org3
  • VPC ID: 自分のVPC ID (今回はデフォルト)
  • VPC Subnet to Use: 自分のサブネット (今回はデフォルト)
  • EC2 Key Pair: bco-sample-key
  • EC2 Security Group: bco-sample-sec
  • EC2 Instance Profile ARN: 作成したロールのインスタンスプロファイルARN
  • Platform EC2 Instance Type: t2.medium
  • TemplateVersion: latest
  • Capability: チェック

入力できたら「作成」ボタンをクリックします。

上図のように、”CREATE_COMPLETE”と出たら完了です。

確認

動作確認として、Webでの確認と、SSHでログインしての確認を行ないます。

まずは、EC2のコンソールで、接続するドメイン名を調べます。

対象のインスタンスをクリックし、「パブリックDNS」の値を記録します。
ブラウザで「http://”パブリックDNS”:8080/」へアクセスしてみます。

上記のような、ダッシュボードページが見えたら成功です。

続いて、SSHで接続します。

“docker”コマンドを使うと、設定通りに”Peer”が3台いることがわかります。
“Orderer”サーバはいますが、”CA”サーバは無いようですね。
“fabric-explorer”というのが、Webのサーバとなっています。

まとめ

簡単でしたが、使い方を紹介しました。
「Fabricの環境を作りたい」という時には、すぐに使えるので便利そうですね。

構成から考えると本番向けでは無いので、実運用できるTemplateも出てくることを期待しています。

The following two tabs change content below.
tacck
アーキテクト at 株式会社INDETAIL
エンジニア (モバイルアプリ、フロントエンド、バックエンド、インフラ) 得意なことは、領域をまたいで考え、開発すること。 ブロックチェーンも、領域の一つとして取り込んでいきたいです。 好きなフィギュアスケートの技は、スプレッド・イーグル。

Pickup post

  1. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号
  2. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  3. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラットフォーム PoC […
  4. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロックチェーンフェスティ…

Related post

  1. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composer クエリチュートリアルをやってみる その1

    はじめに今回の目的は、ビジネスネットワーク定義後の次のステップとし…

  2. Blockchain 技術情報

    技術情報

    JSON-RPC API で geth を便利に使う

    ブロックチェーンは、今後多くのサービス・システムに利用されることが期待…

  3. Blockchain 技術情報

    技術情報

    DockerでHyperLedger Fabricの実行環境を構築する(v0.6.1向け)

    はじめまして。最近BlockChainを触り始めたlumberです。…

  4. Fabric × Raspberry Pi

    技術情報

    Hyperledger Fabric 1.0.6 を Raspberry Pi で実行する環境の構築…

    はじめに以前の記事で Ethereum をRaspberry …

  5. Blockchain 技術情報

    技術情報

    IBM bluemixで HyperLedger Fabricの環境を構築してみる

    6月上旬となり一年ですごしやすい日々が続くはずの北海道ですが、日々シラ…

  6. 技術情報

    超簡単なBlockchainプロトタイプを Golang で構築

    はじめにBlockchainの使い道や可能性として様々なユースケー…

Comment

  1. 本記事に対するコメントはまだありません

  1. 本記事に対するトラックバックはまだありません

最近の記事

おすすめ記事

  1. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラット…
  2. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号
  3. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロッ…
  1. Blockchain 技術情報

    技術情報

    Macにgethを入れてEthereumの内部通貨etherを手に入れる
  2. ブロックチェーンでつながる世界

    ブロックチェーンのメリット

    ブロックチェーン技術の適用が期待されるサービス
  3. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composer クエリチュートリアルをやってみる その…
  4. イベント情報

    イベント情報

    イベント・勉強会について
  5. トピックス/業界動向

    一般社団法人ブロックチェーン北海道イノベーションプログラム(BHIP) 設立のお…
PAGE TOP