技術情報

【速習】AWS Blockchain Templatesを使ってHyperledger Fabricを構築してみる

AWS Blockchain Templates

tacckです。
各クラウドでブロックチェーンの実行環境を構築するためのサービスを提供していますが、ついにAWSでもサービスが開始されました!
AWS Blockchain Templates

新しい AWS ブロックチェーンテンプレートを使用してブロックチェーンを始める
上記の記事が、2018/04/22に公開されました。

こちらの記事では”Ethereum”の開始方法が書かれてあるので、今回は弊社でも使っている”Hyperledger Fabric”の構築をやってみます。

準備

概要については、AWSのドキュメントに記載されているので、これに従ってやってみます。
Using the AWS Blockchain Template for Hyperledger Fabric

また、上記のドキュメントにありますが、このテンプレートではEC2を一つ立ち上げて、その中でDockerベースで”Hyperledger Fabric”が動くようになるようです。

リージョン選択

現在は実行できるリージョンが限定されているようで、

の3つから選ぶようになっています。
今回は、”us-east-2″のオハイオリージョンでの構築を進めます。

まずは、ドキュメント内の”Prerequisites“を参照しながらAWSの環境を整えていきます。

IAM: ポリシーとロールの作成

リージョンをオハイオにしておきます。

上記ドキュメント内で、”IAMのポリシー”を設定するように書いてあるので、ドキュメント通りのポリシーを作成します。

ポリシーができたら、これをアタッチしたロールを作成します。

“インスタンスプロファイルARN”の値を後ほど使うので、忘れないようにしておきます。

EC2: キーペア作成

次に、EC2へアクセスするキーペアを作成します。

“PEM”ファイルがダウンロードされるので、無くさないようにしておいてください。

EC2: セキュリティグループ作成

前準備の最後として、セキュリティグループを作成します。
ここでは、”22″番ポートと”8080″番ポートをインバウンドで通過するように設定します。

スタック作成と実行

いよいよ本番です。
CloudFormationのスタックのテンプレートを使い、”Hyperledger Fabric”の構築を行ないます。

今回はLaunch in US East (Ohio) region (us-east-2)からスタックを作成します。
リンクをクリックすると、下記画面に進みます。

それぞれ、下記のように情報を入力していきます。

  • スタックの名前: bco-sample
  • Fabric Channel Name: mychannel
  • Domain: example.com
  • Peer Organization 1 Domain: org1
  • Peer Organization 2 Domain: org2
  • Peer Organization 3 Domain: org3
  • VPC ID: 自分のVPC ID (今回はデフォルト)
  • VPC Subnet to Use: 自分のサブネット (今回はデフォルト)
  • EC2 Key Pair: bco-sample-key
  • EC2 Security Group: bco-sample-sec
  • EC2 Instance Profile ARN: 作成したロールのインスタンスプロファイルARN
  • Platform EC2 Instance Type: t2.medium
  • TemplateVersion: latest
  • Capability: チェック

入力できたら「作成」ボタンをクリックします。

上図のように、”CREATE_COMPLETE”と出たら完了です。

確認

動作確認として、Webでの確認と、SSHでログインしての確認を行ないます。

まずは、EC2のコンソールで、接続するドメイン名を調べます。

対象のインスタンスをクリックし、「パブリックDNS」の値を記録します。
ブラウザで「http://”パブリックDNS”:8080/」へアクセスしてみます。

上記のような、ダッシュボードページが見えたら成功です。

続いて、SSHで接続します。

“docker”コマンドを使うと、設定通りに”Peer”が3台いることがわかります。
“Orderer”サーバはいますが、”CA”サーバは無いようですね。
“fabric-explorer”というのが、Webのサーバとなっています。

まとめ

簡単でしたが、使い方を紹介しました。
「Fabricの環境を作りたい」という時には、すぐに使えるので便利そうですね。

構成から考えると本番向けでは無いので、実運用できるTemplateも出てくることを期待しています。

The following two tabs change content below.
tacck
アーキテクト at 株式会社INDETAIL
エンジニア (モバイルアプリ、フロントエンド、バックエンド、インフラ) 得意なことは、領域をまたいで考え、開発すること。 ブロックチェーンも、領域の一つとして取り込んでいきたいです。 好きなフィギュアスケートの技は、スプレッド・イーグル。

Pickup post

  1. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  2. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラットフォーム PoC […
  3. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロックチェーンフェスティ…
  4. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号

Related post

  1. 技術情報

    超簡単なBlockchainプロトタイプを Golang で構築

    はじめにBlockchainの使い道や可能性として様々なユースケー…

  2. Hashgraph
  3. Ethereum

    技術情報

    Ethereum入門 – アカウントとマイニング

    前回はEthereumの概要についてお話しましたが、今回はUbuntu…

  4. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composerのチュートリアルをやってみる

    はじめにPoCが一段落し、さらにブロックチェーンを使って実装の知識…

  5. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composer クエリチュートリアルをやってみる その1

    はじめに今回の目的は、ビジネスネットワーク定義後の次のステップとし…

  6. Blockchain 技術情報

    技術情報

    勉強会「初めてでもここまでできるブロックチェーン」第2部の内容紹介

    こんにちは。先日、6月30日に株式会社INDETAILにて勉強会「…

Comment

  1. 本記事に対するコメントはまだありません

  1. 本記事に対するトラックバックはまだありません

最近の記事

おすすめ記事

  1. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロッ…
  2. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  3. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラット…
  1. ブロックチェーンでつながる世界

    ブロックチェーンのメリット

    ブロックチェーン技術の適用が期待されるサービス
  2. Blockchain 技術情報

    技術情報

    JSON-RPC API で geth を便利に使う
  3. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

    技術情報

    Hyperledger Composerのチュートリアルをやってみる
  4. No Mapsブロックチェーンカンファレンス

    イベント情報

    2017年10月12日は、No Mapsブロックチェーンデー!ブロックチェーン無…
  5. イベント情報

    イベント情報

    【参加無料】勉強会「初めてでもここまでできるブロックチェーン」 6月30日開催!…
PAGE TOP