トピックス/業界動向

ブロックチェーン 、IoT、機械学習がどのように連携してサプライチェーンの管理を革新するか?

はじめに

今回のテーマはハンズオン的話ではなく、業界において話題になっている先端技術の組み合わせのポテンシャルについてです。

テクノロジーと共に成長する私たちの暮らし

先端技術は今や私たちの生活の中に自然と組み込まれており、その時々の技術の流行と世代の特徴を組み合わせて時代の様子を表現することがあります。

例えば、ミレニアル世代の私たちはデジタルネイティブ世代とも呼ばれ、インターネットが映画や物語に出ていた不思議な新しい技術から、日常生活の不可欠な部分になっていく中で、生まれ育っています。

先端技術はどのように広がっていくか?

新しい技術の採用というものは最初はゆっくりと始まります。まず、それに注目している人たちから注目を受けて、その技術の破壊可能性、活用可能性について話題が広まっていきます。同時に、技術的な変革に高い関心を持つ人々によって、最初の実装が行われます。

その後、プロトタイプ開発や、実証実験を繰り返すことで、徐々に関連するキーワードとその意味が話題化することで、一般の人達はそのメリットに気づき、採用が劇的に増加し、新しい技術の適用分野における急速な変化に繋がります。

ブロックチェーンは次の一歩である

「スマートコントラクト」や「分散型」等のテーマを取り囲んだニュース、雑誌を見ると、ブロックチェーンは、多くの業界に影響を及ぼしていると言えます。その中の一つがサプライチェーンです。新しい技術が多く導入されるため、様々なものと関わりを持つ分野であると同時に、そのプロセスの煩雑さから、多くの改善が必要な分野です。

現在、海外の先進事例ではサプライチェーンに技術を導入し始めており、技術採用はイメージよりも早く実現している状態です。

本日は、ブロックチェーンが解決できる可能性がある現在のサプライチェーンにおける大きな3つの問題について、考察します。

1.データの可視性

data-visible

一番目の問題は、データの可視性です。

多くの人がサプライチェーンによって生成された膨大な量のデータの収集と分析のメリットについて聞いたことがあると思います。 しかし、現在は、そのデータの多くはプライベートクラウドデータベースで処理されていますので、全てのデータがセグメント化されている状態で保管されています。結果として、分割する利点が少なくなります。これがブロックチェーンの登場により、連結された単一のデータシートにデータを格納することが可能となりました。

例えば、空気の質のモニターの事例を上げます。これらの環境データセンサーは、特定の地域の空気質を追跡し、世界中で使用しています。 現在、センサからのデータは、政府や他の組織によってセグメント化され、制御され、操作されています。 そのデータをブロックチェーンに置くことによって、異なる地域の状態のスナップショットだけでなく、世界中の空気の質を素早くリアルタイム画像化することも可能となります。

2.プロセスの最適化

Process_Optimization

現在のサプライチェーンを構成するプロセスでは、非効率な業務処理によってサプライチェーンマネジメントの理想とかけ離れていることも多いようです。それを解決する一つの方法がブロックチェーンの「スマートコントラクト」にあります。

「スマートコントラクト」は、既存のプロセスを本質的に安全に自動化するもので、例えば、プロセスに条件を付けたシステムを作成し、その条件が満たされると、次のプロセスが解放されます。使いみちは支払い管理だけではありません。それは 迅速かつ効率的なサプライチェーンを促進する次のステップになります。契約はブロックチェーン上に記録されており、修正することはできませんので、第三者による管理よりもはるかに信頼性があります。 つまり、ブロックチェーンによるメリットとして、第三者を使わずサプライチェーン内のプロセスを最大限に活用することができます。

3.デマンドマネジメント

解決すべき3つ目の問題は需要管理です。1で述べた「データの可視性」と関連しています。

データがセグメント化されている場合、ビッグデータと機械学習の真のパワーを活用することはできません。それの代わりに、各企業は利用可能なデータの一部のみを使用して、需要を推測した上にリアクティブなアルゴリズムを書くしかありません。その結果、過去のデータと仮定を使用して需要を計算して、効率が下がります。

顧客が必要となってる製品の数を正確に生産できるように、需要管理からの推測が必要ですので、ブロックチェーンのデータシートはデータを格納するだけでなく、企業のデータ分析して、需要管理を最適化するために構築することもできます。

ここまで述べたのように、ブロックチェーンテクノロジを導入することにより、サプライチェーンの主要な3つの問題を同時に解決する可能性があります。それが実現すると、サプライチェーンにとって大きなパラダイムシフトが起きます。

デマンドチェーンマネジメントへの展開

さらに、サプライチェーンのコンセプトからの発展で、MITのデジタル通貨イニシアチブのシニア・アドバイザーであるMichael Caseyが「デマンド・チェーン」と呼ぶ情報管理システムにも、ブロックチェーンテクノロジーを活用できる可能性があります。デマンド・チェーンは、迅速な処理、低コスト、効率の高い顧客主導の情報管理モデルです。このモデルでは、生産者は顧客の要求に応え、製品はいくつかのサプライヤーから集合的に生産されるようになります。

IoT、機械学習との連携で見えてくる未来

それほど遠くない未来に、現地で調達された資材や地元の拠点で製品を生産する小規模な循環型経済が増えると考えます。これは環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しない「ゼロ・エミッション生産」時代の始まりと言えるでしょう。

機械学習により、特定の製品、または部品の需要、場所、可用性、および生産に使用可能な材料を決定することができます。

本質的には、生産と運用の両方を追跡する機械学習アルゴリズムに基づいて最適化された、完全にグローバルな分散型のプラットフォームを作れる時代が遠くないと思われます。

Pickup post

  1. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  2. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラットフォーム PoC […
  3. ブロックチェーンの技術:公開鍵暗号
  4. 【参加無料】2018年1月24日 エンジニア向けブロックチェーン無料セミナー開催…
  5. 【満席御礼】2018年3月1日開催 無料セミナー 《ブロックチェーンフェスティ…

Related post

  1. 日本経済新聞 2017年2月8日

    トピックス/業界動向

    日本経済新聞さんでご紹介いただきました

    2017年2月7日付の日本経済新聞(北海道版)にて、『BlockCha…

  2. 2018 IBMブロックチェーンオンラインセミナー

    トピックス/業界動向

    ビジネスを変える! IBMブロックチェーン解説セミナーのご案内

    IBMがビジネス・ブロックチェーンをテーマとしたオンラインセミナーを実…

  3. ブロックチェーンでつながる世界

    ブロックチェーンのメリット

    ブロックチェーン技術の適用が期待されるサービス

    ブロックチェーンをビジネスに活用するという観点で考えたときに、まず気に…

  4. Z.com Cloud ブロックチェーン
  5. BHIP PoC 構想イメージ

    トピックス/業界動向

    ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラットフォーム PoC [Phase1] のご…

    本サイトを運営しております「ブロックチェーン北海道イノベーションプログ…

Comment

  1. 本記事に対するコメントはまだありません

  1. 本記事に対するトラックバックはまだありません

最近の記事

  1. AWS Blockchain Templates
  2. Blockchain 技術情報 Hyperledger Composer

おすすめ記事

  1. 【参加無料】2018年1月24日 エンジニア向けブロックチェ…
  2. ブロックチェーンの基本的な仕組み
  3. ブロックチェーンを活用した医薬品のデッドストック販売プラット…
  1. Blockchain 技術情報

    技術情報

    DockerでHyperLedger Fabricの実行環境を構築する(v0.6…
  2. ブロックチェーンセミナー4月

    イベント情報

    満員御礼★【参加無料】4月7日開催!「ブロックチェーン」の基本を学ぶ初心者向けセ…
  3. 技術情報

    Hyperledger Fabric vs Hyperledger Compos…
  4. データセンター

    ブロックチェーンとは

    ブロックチェーンと分散型データベースの違い
  5. Blockchain 技術情報

    技術情報

    Windowsにgethを入れてEthereumの内部通貨etherを手に入れる…
PAGE TOP